TOP > サービス案内 > ご依頼から納品までの流れ >エアゾールタイプの一般用品、工業用品

エアゾールタイプの一般用品、工業用品flow

エアゾールタイプの一般用品、工業用品のご依頼から納品までの流れをご説明します。

エアゾールタイプの一般用品、工業用品とは、例えば消臭剤、芳香剤、ガラス磨き、カーペット等のクリーナー、防錆剤、潤滑剤などです。

1、お問合せ

まずはお気軽にお問合せ下さい。お問合せフォームで必要事項をご記入の上、送信していただければ担当者から早急にご連絡させていただきます。

お急ぎの時、メールでは説明の難しい内容の時は、TEL:03-6303-6061までお気軽にお電話下さい。

2、お打合せ

弊社営業担当が製品のコンセプトなどをお伺いします。当社で製造可能かどうかも検討いたします。

ご納得いただいた時点で開発費をお振込いただきます(52500円)。

但し、製品が実現した場合は全額お値引きいたします。

3、研究開発(エアゾール処方の決定)

原則として化粧品以外の原液は開発いたしませんので、御社にてのご提供をお願いしております。

適当な容器に品名と社名をご明記して2リットル程度ご用意ください(送り先 弊社千葉工場技術開発課宛 なるべく事前にわかっている原液の情報を詳しくお書き添え下さい)。

粉体の場合は、御社とご一緒に溶媒を探します。粉体を変化させないで、できる限り均一に溶解する、もしくは分散する溶媒を選択します。

原液を「エアゾール化」できるかどうか確認いたします。

4、製品仕様

「エアゾール化」が可能と判断できましたら、包装資材を決めていきます。

生産数量、内容量を決め、缶サイズを決めます。鉄の缶の場合は180mL、220mL、420mLの中からお選びください。

アルミ缶の場合は、180から300mLくらいまで可能です。いずれもガスを含んだ容量です。印刷缶にしたい場合は10000本からです。

缶・ラベルのデザインを決めます。印刷缶の印刷デザインは基本的に御社にて版下を作成して頂き、弊社が缶メーカーに依頼します。最近はMOなどで出力します。

印刷缶の版代、段ボール箱の抜き型代、版代なども発生した場合は実費ご請求いたします。

必要表示事項がありますので、弊社にて確認をさせていただいた上で作成してください。(関連法令:高圧ガス保安法、消防法、容器包装リサイクル法など)

10000本未満の場合は、無地の缶に紙のラベルを缶サイズに合わせて作成し、製造の時に巻きます。

ラベルを作成する場合も基本的に御社で作成し支給していただきます。紙質や大きさなどがありますので弊社に確認をさせていただいた上で作成してください。ノウハウのない場合はラベル会社を紹介することもできます。

キャップの選定、シュリンクフィルムの有無、箱(段ボール箱、内箱の有無、何本入りにするか)なども決めます。

【見積書の提出】

エアゾール化の確認、品名の決定、製造本数、内容量、缶の印刷デザイン仕様の決定などを再確認します。お互いによろしければ見積書を作成し、御社に提出いたします。

5、製造依頼(ご注文)

ご同意いただければ、弊社に正式に注文書をファクスにて頂戴いたします(品名、数量、納期、納品場所は明記して下さい)。

この時点で見積り請求金額の半分をお振込ください。ご入金を確認の上包装資材を発注いたします。

また御社にてご手配の資材に関しても納期のご連絡をお願いいたします。この注文書により弊社は生産計画を組みます。製造予定日を御社にご連絡いたします。

6、製造・納品

一番納期のかかる資材の受入日から10日以内に製造いたします。製造が近づきましたら御社と納期を決めます。

残金の精算と同時にご指定場所に納品いたします。(但し国内に限る。一括納入。)納品の運賃は実費ご請求いたします。

information

オリジナル化粧品、エアゾール製品の制作をご検討中の方へ。

弊社では、小ロットから、リーズナブルな料金で製造にご協力させていただきますので、

「オリジナル化粧品を作って販売したい」「自分のグループに独占使用させたい」「自店にオリジナルブランドの商品群を揃えたい。」

とのご希望をお持ちの方は、ぜひお気軽にお問合せ下さい。


どんな小さな疑問や質問でも結構です。この道のベテラン営業マンが、親切丁寧にご相談を承ります。下記のお問合せフォーム、またはお電話にてお気軽にお寄せ下さい。

お問合せフォーム

お問合せ電話番号